TEMPEとは

概要

TEMPEとは

 TEMPEは複数の部屋やコンテナ内の温度湿度などの空調をwebで一括管理できるシステムです。温度・湿度の管理が必要な倉庫美術館などでご利用頂けます。

 wifi経由、LTE経由の温湿度センサモジュールをご用意しています。センサモジュールはコチラからご購入下さい。

 複数の部屋の温度・湿度をリアルタイムで測定し、いつでも過去の測定データを確認することができます。

評価

評価

 観測対象の部屋の種類(倉庫や工場、美術館など)及び、観測しているセンサーロガーを登録することにより、空調状況を自動で評価します。

 評価方法は各センサーロガーの上限値、下限値を設定し、その範囲内で栽培しているかをチェックするアラート基準評価をご用意しています。

 TEMPEの評価は一週間毎に自動で行われます。結果は「A」~「D」で表示され、具体的なアドバイスをしてくれます。

 ※評価方法や登録可能な野菜の種類は今後追加予定です。

センサーロガー

センサーロガー

 TEMPEでは温度管理が必要な倉庫やコンテナなどを観測するための各種センサロガーをご用意しております。

 温度・湿度・二酸化炭素濃度のデータロガーを栽培している場所に設置していただくことで、一定時間毎に計測します。

 ※初期設定(取得時間やWIFI設定)をするために、ソフトをダウンロードしていただく必要があります。(ログイン後、ダウンロードできます。)

データログ

データログ

 WIFI・LTEなどでサーバに送信したデータをブラウザ(chrome,edgeなど)から確認することができます。

 データは日時で検索することができ、また、任意の時間範囲を指定してCSVファイルでダウンロードすることができます。

 アラート通知(上限値、下限値を超えた場合、メールで通知)がいつ行われたのかも確認することができます。

 ※USBでご自身のPC・スマホに送信する場合はCSVファイルにログが保存されます。

アラート通知

アラート通知

 センサーロガー毎に上限値・下限値を設定し、それを超えた場合、メールで通知することができます。

 通知したいメールアドレスは事前に登録する必要があります。複数のメールアドレスを登録することができます。

 上限値・下限値を超える度にメール通知がくると迷惑な場合、インターバルタイムを設定することで一定時間メール通知されないように設定することも可能です。

グラフ表示ソフト・アプリ

グラフ表示ソフト・アプリ

 TEMPEブラウザ(chrome、edgeなど)でデータログを確認することができます。

 また、各種OSに対応したグラフ表示ソフト・アプリもご用意しています。

 ※USBでデータをPC・スマホに送信する場合や初期設定時はブラウザではなく、各種OSに対応したグラフ表示ソフト・アプリを使用する必要があります。